スマートハウス・スマートシティ
省エネ住宅 ポイント
「スマートハウス」,「スマートシティ」と云う言葉を聞くようになりました。
これからの私たちの生活や住いに大きな影響があると言われており、
次の側面から経産省等の行政、住宅業界等の経済界が提唱しています。
 ★ 残り少ない石油に頼らないエネルギーの安定供給の課題
 ★ 燃焼時にCO2を排出する石油や天然ガス等の化石燃料からの脱却

消費者にとって「スマートハウス」は、エコであるとともに、
光熱費を削減できることによる経済性が魅力!、注目をお薦めします。
スマートハウスは、IT(情報技術)で家庭のエネルギー消費が最適に制御された住宅です。
具体的には太陽光発電や蓄電池等のエネルギー 機器、家電、住宅機器などをコントロールし、
エネルギーマネジメントを行うことによりCO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。
省エネ・創エネ設備を備えた住宅をエコ住宅と呼びますが、これに対し、
エネルギーマネジメントシステムで最適化したエコ住宅をスマートハウス(=賢い住宅)と言います。
「スマートハウス」,「スマートシティ」の概要を経産省、などのサイトの情報からご紹介いたします。
スマートハウスは住宅と情報が融合してエネルギーの需給量をコントロールし、
入居者がムリなく省エネ・節電できたり、より快適な暮らしを実現できる住まいです。
家庭内のエネルギーの “見える化”を図り、入居者による効率的な省エネが可能になります。

太陽電池や燃料電池と家庭用蓄電システムの組み合わせで、家庭で発電した電力の蓄電や、
蓄電した電力の効率的な利用で光熱費の経済性を向上します。  (左の画はNECサイトより)
個々の『スマートハウス』が連携、互いに電力を融通し合って『スマートコミュニティ』を構成し、
コミュニティの余剰電力を大量電力が必要な都市に環境負荷の軽いグリーン電力を送ります。

このような双配電システムを構成することにより、電力系統のインテリジェント化を実現し、
再生可能エネルギーを最大限に利用する新しい社会を『スマートシティ』と呼び、地域単位で
エネルギーや社会インフラの次世代型管理を行う都市とも言われます。(左の画は国交省サイトより)