ユニバーサルデザインの7原則

  1.どんな人でも公平に使える。
     (Equitable use)

  2.使う上で自由度が高い。
     (Flexibility in use)

  3.使い方が簡単で、すぐに分かる。
     (Simple and intuitive)

  4.必要な情報がすぐに分かる。
     (Perceptible information)

  5.うっかりミスが危険につながらない。
     (Tolerance for error)

  6.身体への負担小さく、弱い力でも使える。
     (Low physical effort)

  7.接近や利用するための十分な大きさと空間を確保出来ている。
     (Size and space for approach and use)


The Center for Universal Design, NC State Universityの原則の記述は コチラ でご覧下さい。